2010年07月24日

出演者の紹介

■Nabowa■
mini-Nabowa_2.jpg
2004年4月、山本啓(バイオリン)、景山奏(ギター)、川上優(ジャンベ)の三人で活動をスタート し、 2006年3月、堀川達(ベース)が加入。京都高島屋前など、ストリートライブを中心に活動し、ダブ、ジャズ、ロック、アンビエント、現代音楽など、様々なジャンルを取り入れたインプロビゼーション(即興)で構成されたライブが好評を博し、ライブハウス、クラブ、ストリート、百貨店、寺院、カフェ、バー、結婚式場などなど、瞬く間に多方面からライブオファーが殺到。
聴き手が自由にその曲を創造することができ、老若男女、国籍問わず、誰もが心奪われる暖かなメロディーが唯一無二の世界観を放つバンドとして圧倒的支持を得る。
2007年10月にはデビュー12インチ『Pole Pole/Continental Landscape”』を発表(発売1ヶ月でソールドアウト)、2008年3月にタワーレコード限定ミニ・アルバム『River』、同年5月にはファースト・アルバム『flow』を発表、また、これに伴った初の全国ツアー(全18箇所)を行い各地で好評を得た。
2009 年2月にはミニ・アルバム『view』、4月にはリミックス・アルバム『Re-flow』と立て続けに発表。
デビュー1年足らずで12インチ/6枚、CD /4枚をリリースし、The Baker Brothersや、Tommy Guerreroといったビッグネームとも競演し、Sunset Live 2009(福岡)をはじめ、多数のフェスにも出演。
時計メーカー『CITIZEN ATTESA』の最新PVの音楽を担当するなど、シーンを代表する人気バンドへと成長を続けている。
そして、今春5月12日は2年振りとなる待望のセカンド・アルバム『Nabowa』を発表!
[Nabowa official site] http://nabowa.com/

■ACO■
mini-ACO.jpg
1995年シングル「不安なの」でデビュー。
1996年1st ALBUM『Kittenish Love』発表。
その後、1999年、砂原良徳(ex 電気グルーヴ)と共作した「悦びに咲く花」がドラマ主題歌となり注目を集め、同年、「悦びに咲く花」を収録した4thアルバム『absoluteego』を発表する。
このアルバムは「Grateful Days 」にACOが参加するなど親交の深いDragon Ashの降谷建志らも参加した事で大きな話題となり、ACOはトップ・アーティストとして地位を確立した。
以降、Mum、エイドリアン・シャーウッド、岸田繁(くるり)をはじめとして国内外の様々な才能と共作やバンド結成、活動等を経て、ポップさと先進性を兼ね備えた個性的なアーティストとして日本の音楽シーンで大きな存在感を示したことも記憶に新しい。
また、アーティスティックな容姿と存在感は女性を中心にファッションアイコンとしても人気を集めた。
その後、数年のソロ活動休止を経て2007年12月19日初のベストアルバム「ACO BEST〜girl's Diary」リリースを期に再びソロアーティストとしての活動をスタート。
昨年2009年から、永き迷宮から解き放たれたヴォーカリストACOとして、久方ぶりのソロ楽曲の制作に取りかかる。様々な経験を経たひとりの女性としてひとまわりもふたまわりも大きくなったACO。
生まれ持った存在感120パーセントの歌声は現在のミュージックシーンにおいても必ずや必要とされるパーソナリティーとなるであろう。
そして遂に昨年9月2日、前作「mask」から約3年半ぶりとなる復活の第1弾配信限定シングル、ACO会心のポップチューン「MY DEAREST FRIEND」を発売、好評を博した。
続く、復活の第2弾配信限定シングル「バラ色の世界」を翌々月11月4日に発売。
そして今年2010年いよいよリアルでライヴな活動のスタートを切る。
4月30日には、約6年半振りに一夜限りのプレミアムなワンマンライヴ@渋谷クラブクアトロも決定。
現在、アルバムの制作も既に佳境。2010年ACOの活動に乞うご期待!
[ACO official site] http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ACO/
[ACO blog] http://acodiary.blogspot.com/

■NAOITO(KINGDOM☆AFROCKS)■
naoito1.jpg
東京生まれ純日本人。
19歳で渡米、その後ジャマイカ、ネパール、ブラジル、キューバを旅する生涯旅人。
西アフリカ ガーナのマスタードラマーAja Addyに手ほどきを受けパーカッショニストとして音楽活動をするなかあるとき独学のギターで作曲をはじめるとNAOITOと名のり弾き語リストになる。
自身の郷愁を唄った“工場のワルツ”や新たな夜明けを目指す“HazeBlue"を筆頭に、懐かしき昭和歌謡から世界の民族音楽に
至るまで、極めて雑食性の強い音楽性はジャンル分け不可能である。
初めに一人、酒場の流しをするなか唯一無二なトランペッターの大地と出会う。
また2006年には日本発のアフロビートバンドKINGDOM★AFROCKSを総勢9名で結成し、そこで出会った盟友イズポンとその妻しずかをパーカッションに迎え、まったく新しいバンドサウンドを確立する。
さらに近年は、共にRickie-Gバンドでプレイするドラマーのけいじ(KG)とベーシストしんじゅa.k.a juju from鼓響の2人が加わり増々雑食性を極める。
音楽の本質は心の野菜であり花であり一揆であると志す。
雑食familiaとは、全てのジャンルや国境や人種や格差を越脱し昇華していくという今この時代を生きるのに最も必要なタフネス+同じ釜の飯を喰いながら築いていく最も原始的で強い家族観や結束力による創造=NAOITOが理想とするバンドの姿勢を意味する。
以上6名、家内制手工業型旅するアジアのジプシーキャラバンとなり全国各地で活動、話題沸騰中である!百聞は一見に如かず。
現場へGO!!!
[NAOITO myspace] http://www.myspace.com/naoito
[KINGDOM☆AFROCKS official site] http://www.kingdomafrocks.com/

■大前チズル(A Hundred Bird)■
mini-chizuru_2.jpg
80年代よりハモンドオルガンで演奏活動を始めその後JAZZ PIANOに傾倒、関西のLIVEハウスで歌伴、コンポ、トリオと様々なセッションをこなす。
その後、独自の演奏スタイルを求めてNY、アフリカなど海外に遊学「表現すること」の形態は問わず、ボデイワーク、ダンス、絵画、など様々なジャンルとコラボ。
90年代はセルフプロデュースを勢力的に行い自分の琴線に触れた「アーティスト」達と実験的なLIVEやイベントを企画していた。
90年代後半よりclub系音楽にも触手を伸ばしA Hundred Birdsに参加、本来ダンスミュージック好きな事が開花しLiveや楽曲制作共に勢力的に取り組む。
[大前チズルblog] http://osakana.jugem.cc/
[A HUNDRED BIRDS official site] http://www.ahundredbirds.com

■DJ Ban(Nix/bud music,inc.)■
mini-DJBAN0110.jpg
1999年DJ活動を開始。
2001年、活動拠点を京都に移し、METRO、WORLDなどを中心にプレイ、多くのパーティーをオーガナイズし、国内外の様々な著名アーティストと共演を果たす。
2002年よりリリースされていたMIXCD"GROOVE JET"は国内唯一のHOUSE MUSIC MONTHLY MIXとして全国各地で好評を博し、その後の"SEASON"シリーズも好評を得る。
2007年にはA Hundred BirdsのChizuru Ohmae、Minori KimuraとのユニットNixとしてDaniel Wangらと共にコンピレーション・アルバム"4 SEASON COMPILATION"に自身の楽曲"syk-a"を提供し、12インチもリリース。
更に同年10月には自身がリミックスを手掛けた京都の4人組ジャム・バンドNabowaの12インチがリリースされた。
現在はMETROで開催されている"FANTASIA"、"aftermath"を中心にプレイしつつ、bud music,inc./JAPONICAを主宰するなどDJ以外にも様々な活動を行っている。
[DJ BAN myspace] http://www.myspace.com/nixdjban
[bud music,inc. official website] http://www.budmusic.org
[Fantasia website] http://www.fantasia-kyoto.com

■SOAP■
l_08899b0bbdb24017acccbb31ba3da6d7.jpg
36.89℃のエレクトロニカ。
Tetsuya Hiraki(Dr),Haruhiko Hosogaya(Rhodes),Michitaka
Nishiyama(Visual)で音+映像によるライブを様々な分野のアーティストと展開中。
[SOAP myspace] http://www.myspace.com/soaptherapy

■cosmorama■
cosmo .JPG
Kazuhiro Ohkawa(bass),Shinya Tamura(drum),Katsuki Kodama(mpc),Ryuzo Miyagawa(key)の4人からなる信州madeのブレンドmusic。
クラブ、ライブハウス、野外イベント、ショップなど場所や手法を選ばずマイルド&ビターなsoundを発信(((((--発振--)))))
地元、長野を中心に他県でも活動の場を広げ、2008年には都内ホテル claska にて行われたスイスmadeのリサイクルバッグ、「FREITAG」の15周年パーティに参戦。
2009年には長野が誇る劇団「13月のエレファント」の作品「幾星霜」に楽曲提供。
同年夏、念願の最大級の野外フリーフェス「UEDA JOINT '09」のメインステージでのアクトを務める。
そのほか「りんご音楽祭」への出演や「GOMA & Jungle Rhythm
Section」 のオープニングアクトを松本alecxにて務める。
様々な実験と試行錯誤を繰り返し独自の空間で周囲をartisticに巻き込み深化中。 2005年、結成。長野県内に生息。
[cosmorama myspace] http://www.myspace.com/cosmoramamusic

■coccas■
coccas.jpg
ナチュラルテイスト レイジーロック。
2005年5月結成。
以降、長野県松本市を活動源に、地道精力的にライブ活動(結成以来毎月2本以上、毎年、春と秋に自主企画イベントを行う)。
音源を制作(今までに自主制作音源2枚、コンピレーションアルバム1枚に参加)。
徒然、奏でています。
2007年9月には、again音楽祭にて、県内130組の応募の中から決勝大会に出場し、グランプリを獲得。
3曲入りミニアルバム「jessica」を制作し、仙台、新潟、東京、大阪など県外へもライブに向かう。
今後は、アルバムを制作し世界中を志し日々活動中。
[coccas official site] http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=coccassite

■ジ・オーパーツ■
theooparts.jpg
2007年ごろに結成した男男女の3ピースバンド。
名前の割に普通のポップロックバンド。
無駄に空回りするおしゃべりや、異星人を思わせるビジュアル、意外な演奏技術など、楽しむ要素がそこかしこにちりばめられたステージは、なんとなく楽しい気分になれる。
はじめた当初「出来ないことを無理してやらない」をテーマにして 「覚えない」「決めない」を試みるが、その結果「ループ&ループ&飽きて展開」という曲がほとんどになってしまっている(普通。しかもヘタウマ・・・いやうまくない。)とりあえず全部が微妙な関係にもかかわらず、奇跡的に成り立っている。
それを「絶妙」というかどうかは観た人次第。
どこにでもいるようで、でもいないジャンル不特定バンド。
[ジ・オーパーツ official site] http://theooparts.web.fc2.com/index.html

■metoba traffic■
D3077024.jpg
2009年より松本市や長野市のライブハウスやクラブなどを中心に活動を開始。
10月には1枚目の音源『metoba traffic 1』を自主制作&発売中。
女鳥羽川の流れのような穏やかかつきらびやかなシンセ音をサンプラーに叩きこみ演奏する。
[metoba traffic myspace] http://www.myspace.com/metobatraffic

■JAJA-TENT■
JAJA-TENT .jpg
JAJA-TENT(Sel).大仏(MC)の2人からなるREGGAE SOUND『神葉-shinba』を2003年2月に結成。
松本を拠点にし、長野県内の様々なClub EventでPLAY。
また、Live Eventにも多数参加しCLUB×LIVEの融合『音楽には壁は無い』をモットーに精力的に活動を続ける。
2005年からは1人での活動となるがLOUNGE PLAYや野外Eventなど活動の幅を広げつつも地元松本の音楽シーンの活性化に励む。
JamaicaのRoots&Culture、Old Classic、FoundationをPLAY STYLEの中心とし、古き良きREGGAEを愛し、ConsciousなMessage Tuneをディールし続ける。

■NORTH■
north.jpg
レコード掘り師が夜な夜な集うという秘密結社、「黒い塩ビ製円盤を囲む会」所属。
信州HIPHOP集団「チクチク団」所属。
2003年より新潟にてレコードの穴を見つめ始める。
幸いにも指黒な人々に囲まれ、mid90’、Early90’s、mid80’、HIPHOPにはまり、MPの続く限り黒い円盤採取に明け暮れる。
新潟大学ダンスサークル「WIild Style」、Event Crew「No Table」、「黒蜜」、等々に参加し、「Smokin’ Jack」を新潟市の端っこにてシコシコオーガナイズ。
2007年より松本undergroundにて1年半の潜伏期間を経て、2008年10月「SABAN」へ初参戦し、「LOCALrhythm」、「PASTEEZ」等々に参戦。
2010年より長野市に移り住み3ヶ月の潜伏期間を経て現場へ復帰する。
[DJ NORTH blog] http://ameblo.jp/north1221/

■YASSAN(KILLER TUNE)■
002.jpg
2006年「how low?」にてDJ活動開始。
INDIE ROCKを軸としながらもジャンルにとらわれない雑食MIX。
どんなところにも現れるPARTY野郎であり、どんなところでも寝る睡眠野郎でもある。
現在はレギュラーパーティー「KILLER TUNE」にてプレイ。

■umedo(UNTITLED)■
20100207(038)-001.jpg
″started to work in the vegefield ″

■POMN■
POMN.jpg
2005年頃よりDJを始める。
ハウスからテクノ、ミニマルまで4BEATSを中心としたMIX。
DJを初めて間もなく「瓦RECORD」と出会い、以来活動拠点となる。
瓦RECORD主宰のPARTYに数多く参加、現在は「MY HOUSE」のオーガナイズ兼DJ、そして「瓦RECORD」のほぼスタッフ。

■dj sleeper(瓦RECORD)■
weskiagogo.jpg
音楽のジャンル?はて、知りません。
クローゼットにあらゆる翼を仕込み、鳥になって空から街へ、山から海への大移動。
マジカルでミステリーな旅へと、ひとをも連れ出すのが趣味なのです。
未体験の景色を見るため魅せるため、自らパーティーオーガナイズ中。
==biography==
松本club是空や長野club High-FiveでのレギュラーDJを経験後、 一軒家をパーティースペースに自ら改造した瓦RECORDを立ち上げ、オーナー、レジデントDJとして長野県を中心に活躍中。ジャンルにとらわれず、様々な曲を織り交ぜるスタイルで突き進む!過去には、Summer Sonic'05、朝霧JAM前夜祭・後夜祭、HEAL NIGATA、peaceful garden、LOVE LOVE NIGHT@西麻布Space Lab Yellowなど多数のパーティーに出演。共演アーティストは挙げたらきりがない。またオーガナイザーとして、アルプス公園で開催したりんご音楽祭、松本PARCO屋上パーティーなどを主催・企画・運営。りんご音楽祭では、rei harakami、七尾旅人、オーサカ=モノレール、GAGLE、cro-magnon、The Sun calls Stars、Nabowa、ロマンポルシェ。、ウリチパン郡、へきれき、マーガレットズロース、breakthrough(DJ JIN[ライムスター], Ladi Dadi, Masaya Fantasista)、MAYURI、Kentaro Iwaki、ALTZ、やけのはらなど、それ以外でもMonday満ちる、micromicrophone(ミトfromクラムボン)、スーパーバタードッグのTOMOHIKOのバンドHEAVYLOOPERSseSSion、GOMA&The Jungle Rhythm Section、中村雅人(SLEEP WALKER)、天宮志龍、XTC BOYS、南沢靖浩(天空オーケストラ)、サイプレス上野とロベルト吉野、ALEX FROM TOKYO、DJ TOBY、BRENNAN GREENなどを松本に招致し、各地で様々なパーティーを開催する。
[dj sleeper official site] http://sleeper.seesaa.net/

■efica 倉島水里■
top_piccangif.gif
ある人の話から『物を作る人ってすばらしいっ!』と感銘を受け、独学でキャンドルを始める。
独学を続けて変な手癖が付く前に…と、渋谷のキャンドルスタジオでロウと制作の勉強をした後、地元長野で本格的にキャンドル制作をスタート、『エフィカ』 を立ち上げる。
色、モチーフ、質感など、こだわりを持って作っています。
わくわくするような作品を作り、たくさんの方にキャンドルの魅力がお伝えできればと、日々活動中。
[official site] http://www.geocities.jp/efica_net/

■handmade candle lifart...■
lifart.jpg
life+light x heart+art = lifart...
2008年立ち上げ。松本市を中心に、製作・販売の傍ら、各種イベント・ウェディング等のキャンドル演出を手掛ける。
生活に溶け込んだ道具としてのキャンドルをテーマに、シンプルな造形のキャンドルや植物素材を用いたキャンドルを製作している。
[lifart... oficial site] http://lifart.petit.cc/

■MASAKI AMSEI■
amsei.jpg
長野県塩尻市の路地裏で一点ずつ心を込めてシルバーアクセサリー作りをしています。
来ていただいたすべての人に喜んでいただけるように、みんなで楽しく!
[MASAKI AMSEI official site] http://homepage3.nifty.com/masaki-amsei/
[MASAKI AMSEI blog] http://masakiamsei.blog99.fc2.com/

■瓦RECORD■
2010-0428-1.jpg
一軒家にでかいスピーカーとターンテーブルを入れてひとが集まるところを作っています。
用途はいろいろ。二階には布団と座ぶとんが。
レコード屋・クラブが基本体勢。
ミラーボールとお酒と音楽と畳と靴下で、無害で有益な光科学反応起こしていきます。
可能性は∞、君次第、気にしない。
[瓦RECORD official site] http://www.geocities.jp/kawara_record/
posted by crayon at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演者の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。